ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

MOBILE MEMBERS PAGE

  • 会員登録
  • ログイン
MDP+(マッチデープログラム プラス)
2017年07月19日

最も「らしさ」を発揮したのは

「雀百まで踊り忘れず」というのは、良い意味で使う言葉ではないらしい。 だとすると、「昔取った杵柄」か。「昔」と呼ぶには近すぎる気もする。 矢内さんが書いてくれたから繰り返さないが、鈴木啓太の引退試合に出た選手たちは、みんな「現役時代の杵柄」を握っていた。振るえる時間は長くないし、現役時代のすべての力を取り戻せたわけではないが、最も彼ららしい杵の振るい方をしていた。 その中でも最も長い時間「らしい」プレーをしていたのは後半の啓太ではなかったか。 前半、「BLUE FRIENDS」で2ゴールを決めたが、それ以外に7本のシュートを放った。しかし、後半の「REDS LEGENDS」では、得点に近づいたのは2回だけでは...


続きはサイトメンバーズ(月額324円/税込)にご登録いただくことで、お楽しみいただくことができます。
    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!