ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

MOBILE MEMBERS PAGE

  • 会員登録
  • ログイン
REDS COLUMN
2018年12月24日

成功体験が生んだ大きな自信

あれが天皇杯優勝の布石だったと思う。10月20日のリーグ第30節鹿島アントラーズ戦。3-1で宿敵を下したレッズを、個のパワーで牽引したのが武藤雄樹だった。 1-1だった60分、青木が入れたクサビを中央で受けた武藤は、ペナルティーエリア外から強烈な左足シュート。ボックス内を4人で固めていた鹿島の守備陣を呆然とさせた。 とどめは2-1で迎えた後半アディショナルタイム。アンドリューが自陣右サイドで相手DF2人を引きつけて巧みな浮き球パスを前方へ送ると、ハーフウェーライン付近で受けた武藤はドリブルで勢いよく前進。DF3人をかわしてなおも突き進み、ゴールを奪った。 自陣深くからランニングを開始し、さらに40mをドリブルで運び、DFを翻弄し、しかもその時間帯が終了間際。「それでもなおパワーを残していたのが凄かったですよね」と目を奪われたのは最後尾から見ていたGK西川周作。鹿島のGKクォン スンテはなすすべがなかった。 武藤が覚醒している。そんな確信の下、本人に詳しく話を聞いたのは、鹿島戦から2節後の第32節北海道コンサドーレ札幌戦だった。彼はこの試合でも鹿島戦に続いて2得点を挙げていた。しかも個人技によるものである。 6分、長澤のロングパスから絶妙な胸トラップで相手DFをかわし、左足でシュート。 「ボールがきたときにうまく相手の前に入ってトラップできて、ボールを良いところに置...


続きはサイトメンバーズ(月額324円/税込)にご登録いただくことで、お楽しみいただくことができます。
    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!